2017年2月20日

さくらとローズ

お花.jpg

2017年2月19日

ストーリー

2017年2月19日の大安吉日、晴れの日。
わたしのたった一人の大切な妹が結婚式を挙げました。

ブーケ♩.jpg

とっても優しい旦那さんと、彼を育んだお父さんお母さんのことを
今日を迎えるまでに私自身が大好きになってしまいました...。
あたたかかく迎え入れていただいている妹を見て姉のわたしが
こんなに嬉しいのだから、両親はどんなに嬉しいだろうと
想像してしまいます。

さくらの装花.jpg

桜のお花でゲストを迎えようと話したときから
披露宴のイメージはできあがっていきました。
桜が与えてくれるインスピレーションの豊かさ。

入場のとき。.jpg

会社の方々やお友達、いとこたち、親戚のみなさんに
祝福されて、妹は花嫁に。

お世話になった方のひとりが、スポーツ新聞社にお勤めで
新郎新婦の「号外」をサプライズで作ってくださったのですが、
それを見て、知らなかった顔も発見。
妹の親友が特派員として取材してくれて、文章にまとめてくれたようです。

「号外」を見て思った事があります。
友達が、「ふたり」のストーリーを語ってくれるって、
本当にステキなことだなと。
姉としてはありがたいことだなと。

ちなみに、「号外」は父によってコピーされ親戚に配られ(笑)
翌日、祖母によって仏壇に供えられていました(笑)

そして振り返ると、気づいたことがあります。
会社の方が新郎・新婦それぞれのストーリーを祝辞に込めてくださいました。
友人スピーチは一緒に濃い時をすごしてきたストーリーがふんだんに。
親戚のみなさんが小さい頃のストーリーを語ってふたりに笑顔をくれました。
仲良しのいとこたちが思い出という共通のストーリーでもりあがっていました。
家族が上映される写真に育んだストーリーを重ねていました。

ひとの人生は、たいせつなひととのストーリーで成り立っているんですね。
かんざし&ヘッド.jpg

きっと、今日のすべてのストーリーを一生の宝物として
周りの方々に少しずつでも恩返しをしていけるような
ふたりになってくれると思っています。

教会しょっと。.jpg

だいちゃん、せいちゃん、おめでとう!
いっぱいしあわせになってください!

IMG_0819.jpg


【姉妹。】
せいことうえでぃんぐー.jpg
"おねぇ〜ちゃぁ〜ん"と言われるとつい願い事を聞いてしまう妹に甘いわたし。
妹は"姉スイッチ"の入れ方を生まれながらに知っています。

結婚式の準備を手伝っていたある日、ドラッグストアに
立ち寄ったら、旦那さんが歯ブラシを買っていたので
妹が聞いたら「お姉ちゃんがいつでも泊まっていけるように...」
か、かわいい義弟よ〜!!!

その瞬間、カチッと音が聞こえて"姉スイッチ"はONに...
姉スイッチがONになったまま今日の日を迎えました。笑

二次会でビールを飲んだ時にスイッチはOFFに切り替わりましたが、
これからも、たまには"姉スイッチ"を入れてもらって
お節介させてもらえたらと思っています。専属の姉ですから!

2017年2月15日

さくら

桜のカップでかんぱい。.jpg
春が近づく、桜のカップ。

2017年2月14日

Valentine's Day!

2017バレンタインデー.jpg

2017年2月12日

マニアたちの親睦会

逆鱗マニア 日食なつこさん のコピー.jpg

2017年2月11日

あおさ

糀ドレッシング 谷川.jpg

2017年2月10日

千代椿

日本橋のコレド室町にある京都の和菓子やさん
『鶴屋吉信』。

お茶の時間をすぎて、夕食の時間にさしかかっていた
こともあり、座ってみたかったカウンターにすんなり
座ることができました。
千代椿。.jpg

お寿司屋さんを思わせるようなカウンター席は7席あって、
熟練の職人さんが目の前で和菓子を作ってくれるのです。

かつて、番組で共演した日本語の達者な、
イタリア人シェフのロベルトさんと天ぷらやさんに取材に行ったとき、
「カウンターでシェフの仕事が見られるのは日本食の文化だよ」と
教えられました。世界を旅したロベルトさんによるとバーカウンターは別として、
料理をつくるのを見ながら、というのは日本食独特だと。
お寿司や天ぷら、小料理屋さん、居酒屋でも、
カウンターでは間近にプロの手仕事を見る事が醍醐味ですよね。
今回の和菓子屋さんではなかなかないスタイルですけれども。

そんなロベルトさんの言葉を思い出しながら座っていると
3種類の季節の生菓子のサンプルをみせてくれて、私は
そのなかのひとつ鮮やかな「千代椿」を選びました。

職人さんの手の中の茶巾で丸められた餡が
椿色の餡につつまれ、その上から
竹串をつかって模様を。花びらのくぼみは
小指でつけていきました。

見とれる〜...

抹茶とのセットでいただき、
最後にはほうじ茶がついてきました。
焙煎方法が独特なのか、
まるでウィスキーのような香りと余韻のあるほうじ茶。
びっくりして、これは何のお茶ですか?と
聞いてしまいました。

選べる和菓子は季節に合わせて半月ごとに変わるそうですが、
今月は立春のタイミングで春のお菓子に切り替わったのだとか。
そんな季節の感じ方にうっとりしながら、
ほっとするひとときでした。

2017年2月 9日

うめ。東京には春が.jpg

2017年2月 7日

AQUA PARK

品川アクアパーク。.jpg

kiiro .jpg

ちんあなご。.jpg

2017年2月 4日

南三陸町福興市in仙台駅

福興市in仙台駅.jpg

みとべししおどり。.jpg

Powered by
Movable Type 4.38