2020年5月27日

庭の花

のいちご。2020 (1).jpg

カラー。2020 (1).jpg

2020年5月24日

野の花

ののはな。2020 (1).jpg

道端を見てさえも、
綺麗な季節だなぁと実感します。


ちいさな野の花にぴったりの
フラワーベースの名前はMICHI-KUSA。

久々の晴れ間、ご近所散歩の帰り道にめんこい草花を
持ち帰りました。

ののはな。みちくさ (1).jpg

2020年5月23日

やさしくなりたい

「今日は◯◯のライブのはずだった」
「本当なら、今ごろ◯◯にいたなぁ」

つい、考えてしまう癖をやめよう!と
思ってからしばらく経ちましたが、
今週は最も楽しみにしていたライブがあるはずだったし、
このところのお天気もあって、少々しょんぼり。

シャッフル再生で聞こえてきた音楽に
励まされる帰り道。
そうだ、愛なき時代に生まれたわけじゃない、よね。

あいびー。2020 (1).jpg

2020年5月17日

定禅寺通りで

定禅寺の木漏れ日。202005 (2).jpg

この土日は青葉まつりの週末でした。

写真は1週間ほど前のものですが、
青葉まつりに合わせたように
芽ぶくケヤキ並木には、
毎年のことなのに、
ハッとするような鮮やかな感動があります。

そして、落ち着いた緑色になる秋のはじめに行われるのが
JYOZENJI STREETJAZZ FESTIVAL。
ジャズフェスも、先日中止のアナウンスがありました。
実行委員会の武藤さんの言葉をききながら、
関わるひとの顔がたくさん浮かんでいます。

心地いい風ふくこの場所に、来年は、
祭囃子やサックスやギターやピアノやうたが、
戻ってきますように。
定禅寺の木漏れ日202005−2 (2).jpg

2020年5月15日

〈あの絵〉のまえで

キュレーターでもある原田マハさん。
「暗幕のゲルニカ」に感動して、
絵画がモチーフの1冊を手に取りました。

日本国内の美術館蔵の6点の絵画と
それぞれにまつわるストーリーが
紡がれた「〈あの絵〉のまえで」。

買っていたのはもう少し前だけれど、
こんな時期に読むことになるとは。
あの絵のまえで (1).jpg

クリムトの「オイゲニア・プリマフェージの肖像」は
去年秋に豊田市美術館でのクリムト展で見たばかり。
モネの「さざなみ」は一度だけ訪れたことがある
地中美術館蔵。

ひろしま美術館のゴッホ。
大原美術館のピカソ。
ポーラ美術館のセザンヌ、信濃美術館の東山魁夷。

おでかけしたい、旅したい、
そんな思いを抱えているひとは多いはずだけれど、
その気持ちに応えてくれるような美術館めぐり気分の
一冊です。

原田マハさん自身が影響を受けたという作品や
繰り返し訪れている日本各地の美術館が登場するという
一冊。絵と出会ったひとが
再生していくようなストーリーには
芸術が繰り返し、ひとを励ましてきたことを思います。

ちなみに、表紙にさりげなく添えられている
英字のタイトルは"A Piece of Your Life"でした。

【額縁デザイン〜!】
IMG_7978 (1).jpg

2020年5月13日

春の味

たけのこのすてーき。 (1).jpg

筍をたくさんいただきました。
綺麗にゆでて、
山椒の葉っぱもいっしょに届けてくださる・・・
感謝でいっぱいの、春の味。

教えてもらった筍のステーキは
豪快な太さに切って、バターで焼くだけ。
(お好みで塩かしょうゆをちょっと)
とっても簡単で、とっても美味しい!

2020たけのこ1 (1).jpg
筍ご飯・若竹汁・筍のお刺身・
筍とワカメの煮物・筍とエビのしょうが炒め・
筍たっぷり春巻き。料理を楽しくしてくれる、春の味。

2020年5月 8日

パンジー的な 202005 (1).jpg

2020年5月 5日

はやぶさ202005 (1).jpg

2020年5月 4日

想像力

街は粛々と動いているように見えます。
みんなマスクをして、しゃべらずに、
ひととの距離をとっている日常。

そんな街に生きているから、
懸命にプロの仕事をしてくださっている
医療関係者の方々の家族が
差別などでつらい思いをしているなんて
信じられないというのが正直な思いです。
そんなことってあるの、この世の中でと思ってしまう。
そして、絶対にあってはいけないと思います。

いま、わたしたちには、情報を選ぶ力とともに、
想像力が試されていると思います。

医療に携わるひと、
介護の仕事をしているひと、
食べ物をつくるひと、
それを買えるようにスーパーで働いてくれるひと、
物流をささえるひと、
交通機関を動かすために働くひと。
そのひとたちがどんな思いで働いているかを
想像する力が必要で、
想像できれば、自分がどういう行動をしたらいいかに
つながってきます。

行動するときの時間を考える、
ものの買い方を考える、支払いをスムーズにする。

そして、目に見えないウイルスだからこそ、
想像力を働かせて
この手にはウイルスがついているかもしれない、
もしかしたら、もっているかもしれない。
対面に座っているひとは、持病があるかもしれない。
思いつく限りの「かも」を想像して、
防いでいく。
地道に、慎重に続けていきたいです。

やまぶき20205がつ (1).jpg

2020年4月27日

束ねる

スターチスレモンイエロー 束ねる (1).jpg

多くのお花屋さんも休業を余儀なくされる中、
スーパーの一角で買ったレモンイエローの
スターチスに、長く目を楽しませてもらいました。

最後は家にあったユーカリといっしょに
束ねてドライに。

アーカイブ

Powered by
Movable Type 4.38