2021年4月 5日

夜桜

夜桜2021 (1).jpg

帰り道、ピンク色に光る一帯に
吸い寄せられると、
お寺さんの桜がライトアップされていました。

心洗われる景色です。

2021年4月 1日

新年度

青空に映える満開の桜の中で、
新年度がスタートしました。
応援されているように見える景色です。

IMG_2247 (1).jpg

とっても閉塞感があるけれど、きっとこの年度中には
社会のさまざまなことが変わってくるはずです。
今できる感染対策をしながら、
アフターコロナに何を持っていくかも考えながら。

IMG_2264 (1).jpg

新年度は気持ちを切り替えられる機会でも
ありますね。桜に向かって上を向いていきたいです。

IMG_2263 (1).jpg

IMG_2269 (1).jpg

2021年3月31日

mimosa

3月の終わりに届いたサプライズ。

クロネコヤマトのお兄さんが
大事に手渡してくれたその箱を
開けてみると...ふわっと香る緑!

IMG_2229 (1).jpg
雪の多かったお庭で冬を乗り越えて咲いたミモザ!!
大好きなひとが、スワッグとリースにして
届けてくれました。

IMG_2231 (1).jpg

可憐だけれど、生命力いっぱい。
よい春を呼び込んでくれそうです。

IMG_2222 (1).jpg

2021年3月30日

今年の桜

IMG_2217 (1).jpg

2021年3月27日

36.2℃

236.2 (1).jpg

2021年3月24日

55STONES

55stones (1).jpg

2021年3月18日

ゆずりあいで

宮城県と仙台市で独自の緊急事態宣言が出されました。
個人としての生活を考えたとき、
これ以上できることは、あまりないと言えるくらい
地道に対策していると思うし、まわりをみても
そうだと思います。
3月11日をはさんで、これまで支援してくれた方々が来県したり
ふるさとに帰ってきたかたもきっと多かったと思います。
人の流れが確かにあったとおもいます。
学生が春休みになって、街には、若い人が多くなったと
感じます。

実際は、我慢我慢でも。
気持ちは「ゆずり合い」で暮らしていきたい。

さくっと席をあけて、空間をゆずろう。
スーパーに行くタイミングを考えて、忙しくてピークタイムにしか
いけない誰かに時間をおすそ分けした気分になってみよう。

ゆずり合いたい、と思うことで
気持ちまでカサカサしないで過ごしたい。
おだやかに。地に足をつけて。

そして、閉塞感があるときほど、力をもたらして
くれるものも、近くにあるはず。
音楽やアートや本も、そうですよね。
心は自由に。

2021年3月11日

祈り

東日本大震災から10年目の3月11日を迎えました。

思うことがたくさんあって、毎年この時期は
ほんとうに、心の中がぐじゃぐじゃ。
情報をみて、ニュースをきいて、言葉にふれて、
勝手にすり減るな、勝手に悪いようにとるな、と
自分に言い聞かせることもあります。

あの時、津波に破壊された街をみて、
自分が生きている間には
もう"観光"なんて無理だろうと思いました。
景色をみて、きれいだと思うことも、もうないだろうと。

それでも。
いまその場所を訪ねれば
花が咲き、ひとが集まる場所ができて、
震災後に生まれた子どもが公園で
ブランコをこいでいたりします。

10年という時間で、ひとが生み出してきたものがあり、
10年という時間だけが、癒した気持ちもあったと思います。

"壮絶"をこえる経験をした方にも
お会いしてきました。
それでも、言葉を紡いでくださった
教えてくださったあなたを、尊敬しています。

どんなに辛いことがあっても、
どんなに理不尽が覆い尽くしても、
人生は前にだけ、進んでいきますね。

どこまでも落ちていきそうな時、
共に前を向いてくれた友達と仲間がいました。
何度も手をさしのべてくださった、
先輩や恩人のみなさんには一生、感謝の気持ちです。
そして、喪失感を抱えながら
ひととのつながりや、誰かへの親切や
あたたかいものを生み出した
ふるさとを誇りに思います。

東日本大震災で亡くなられた方の
ご冥福をお祈りします。
亡くなられたあなたとの思い出によって
いまを生きるあなたの大事なひとの
心が守られますようにと、祈ります。

2021年3月 8日

夕暮れ

IMG_2128 (1).jpg

2021年3月 3日

春の手前

黄色✖️つつじヶ丘 (1).jpg

3月おかあさんにはな (1).jpg

2021すずなり (1).jpg

いけてみたみゆきちゃんに (1).jpg

0226IMG_1991 (1).jpg

アーカイブ

Powered by
Movable Type 4.38