« 2021年12月 | メイン

2022年1月 アーカイブ

2022年1月 1日

あけましておめでとうございます

IMG_4975 (1).jpg
朗らかな、よい一年でありますように。
今年もよろしくお願いします。

実家の庭も3センチほど雪が積もり、
お餅をいただく前に、箒で掃いて
道を作りました。静かな朝に響く箒の音が
清々しいです。

敷石をリズミカルに掃いていくと、
サラッサラの雪の下から
踏み固められた大きな足跡が出てきました。

IMG_5007 (1).jpg

車の中で朝を待っていた震災翌日にも、
ちゃんと届いた新聞を思い出しました。
いつもの暮らしは、必ず誰かに支えられていますね。
新聞やさんにも、いつもありがとうございます。

2022年。
気持ちも新たに、スタートしていきたいです。
IMG_5009 (1).jpg


【ありがたや〜】
IMG_5004 (1).jpg
南三陸町から届いた、リモート初日の出
(幸先良し〜ありがたや〜)
IMG_5011 (1).jpg

金沢から届いた、かぶら寿し
(美味し〜ありがたや〜)

IMG_4991 (1).jpg
母の手作りおせち
(毎年〜ありがたや〜)


2022年1月 3日

名言

IMG_5043 (1).jpg

お正月らしく、かるたを用意してみました。

読み札を裏にして中央において、
読み手も時計回りで代わる代わる読むことに。
モノマネがうまくいくと、読み手にも+1ポイント。

私に回ってきた「パズー!!」の読み札。
残念ながら可憐さが足りないというジャッジでした(涙)

名言読み札を読み上げたあと、
頼んでないのに名場面を解説しまくる
ラピュタファンがいて、全く進みません。

【ひ】
「ひょっとすると天使じゃないかって、
心配してたんだ」
IMG_5041 (1).jpg

なにこのセリフ!

パズー!!

2022年1月 7日

プリン初め

IMG_5063 (1).jpg

青葉区本町のカフェ、40計画さん。
ゆるりとした本町エリアが大好きですが、
その大きな理由のひとつがこの場所です。

朝から食べようと決めていたプリン。
固めのプリンにほろ苦いカラメルがほっとします。
そして、今年もここのコーヒーのおいしさは
味方されているみたいだなと、
勝手に思っている私です。

2022年1月 9日

IMG_5046 (1).jpg

2022年1月10日

寄せ植え

IMG_5077 (1).jpg
終了間際のイベント会場で、
大特価になっていたお花たち。

スタッフのお姉さんが
"私も欲しい〜"という
かわいい花たちを持ち帰り、
寄せ植えにしてみました。

花いっぱいの季節も待ち遠しいです。

2022年1月11日

宝箱

海外にいる友達からのクリスマスカードが
相次いで年明けに届いて、コロナ禍での
遅配の影響を感じていました。

そんな中、フランスから宝箱のような
贈り物が。ひとつひとつが素敵デザインで
包みをあけながら、「わ〜かわいい〜」という
言葉が口をついてでました。

IMG_5058 (1).jpg

IMG_5060 (1).jpg

真心便に感謝して、まわりのひとに
おすそ分けしながら、フランスの地に思いを馳せます!

2022年1月12日

IMG_4908 (1).jpg

2022年1月15日

お茶

IMG_5115 (1).jpg

「"別腹"って...ないのに...あるんですよね」
という名言を生んだ2軒目の喫茶店から
場所を移して、煎茶。

五橋の道草屋さん。
ときどきおじゃまするスタジオの近くで
いつ行っても、いい時間が流れているお店です。
今日は鹿児島のお茶。
ポットでたっぷりお湯をくださるので、
何煎目かわからないけれど、
変化を楽しみながら、おいしくいただきました。


2022年1月17日

さりげなく

IMG_5109 (1).jpg

友のセレクトしてくれたSOU・SOUの
とらちゃん手ぬぐいは
寅年のはじまりを、かわいく彩ってくれています。

デザイナーの脇阪克二さん、
ことし79歳になられるんですね。

2012年に発売された時、真っ先に買った一冊を
とらちゃんをきっかけにまためくっています。
日本の四季が落とし込まれたSOU・SOUの
テキスタイルデザインを見ていると、
清らかな気分になったり、心にしみたり、
なつかしかったり、
ふわふわ楽しい気持ちにもなります。

始まったばかりの2022年も、
さりげない風情に心うごかされる年になると
いいなと思ったりしています。

IMG_4972 (1).jpg

2022年1月19日

le Roman

IMG_5169 (1).jpg

青空を写すコーヒーを飲んでいると、
ブルーインパルスのスモークが見えました。
福浦橋の赤と、スモークの白と、空と海の青のトリコロール。
頭の中でカタカナ変換されているお店の名前も
そういえば、フランス語でした。

思いがけず、平日のひとときに松島へ。
話したいこと、教えてもらいたいこと、
聞きたいこと...会っていなかった分
話題は尽きないのですが、
彼女の笑顔を見れば、すでに満足。
こうやって13歳の時からずっと
助けられています。

オミクロン株によって、またしても
変更とキャンセルが相次ぎ、
楽しみも吹っ飛んで(泣)います。
東京の動きは仙台にも密接なので、
コロナ禍になってから、
"東京の近さ"と"遠い東京"をどちらも
何度も感じています。

会いたいひとに会いたい時に会える、
当たり前を取り戻せるのはいつ。

About 2022年1月

2022年1月にブログ「HAPPY GO LUCKY!!-久子のつれづれ日記-」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2021年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.38