« 2022年10月 | メイン | 2022年12月 »

2022年11月 アーカイブ

2022年11月 1日

11月

IMG_9534 (1).jpg

2022年11月 3日

IMG_9555 (1).jpg

晴れの特異日、11月3日文化の日。

気温も上がって、本日は
ヤマギシのオレンジシャーベット日和なり。

2022年11月 4日

しょうがみつ

しょうがみつ (1).jpg

体の中からぽかぽか温めて、
喉を乾燥から守ってくれます。

信頼の手作り。おいしい〜

2022年11月 5日

秋色いろいろ

2022秋1 (1).jpg

2022秋2 (1).jpg

2022秋3 (1).jpg

2022借景のような.jpg

2022年11月 6日

花麩

IMG_9598 (1).jpg
金沢・不宝屋さんの花麩のおすまし。
かわいらしさと、おいしさと。

2022年11月10日

ブレーメン

IMG_9984 (1).jpg

2022年11月12日

太陽の塔

3年ぶりの飛行機を降りて乗り継いだのは
大阪モノレール。
初めての乗車記念にオーサカ=モノレールを
聴きながら行こう!なんて完全なるウキウキで
大阪・神戸の週末が始まりました。

友達と先輩と、会った人におすすめを聞きながら
のんびりと過ごそうとしていたのですが、
それでもここだけは行きたい!のひとつがこちら。

はじめまして、の太陽の塔。
映像や写真で何度も見ているのに、
近くで見ると、なんだかイメージと
つながらないような、巨大さです。
ひたすら、圧倒されました。
IMG_9715 (1).jpg
1970年の大阪万博開催時には
単純計算で日本人の2人に1人が来たことになると
聞いたけれど。当時は右腕が出口になっていて
大屋根のテーマ館につながっていたんですよね。
内部からそのスケールを覗き見られるようになっています。

当時の人たちもどれだけ衝撃だったんだろう。
前に立てば、空間まるごと...空までをも
覆い尽くすようなエネルギーを感じました。

IMGP8142 (1).jpg

2018年春に始まった塔内部の公開。
生命の樹を見上げます。
階段をのぼりながら、地球の歴史を
原生類から哺乳類へと近づき、
最後は両腕をむすぶ回廊まで上ることが
できます。
IMG_9692 (1).jpg
声にならない声がでます。
やられます、もっていかれます、
このエネルギーに。

「黒い太陽」は、過去を意味するそう。
一度座って、膝を抱えて体育座りで鑑賞。
IMGP8136.jpg


広い万博記念公園ではフードやアート作品の並ぶ
フェスも行われていました。
IMGP8139.jpg

IMG_9737 (1).jpg

【二度づけ禁止】
私の感動をうけとめながら一緒に楽しんでくれた
友達、まきちゃん!
IMGP8180.jpg
まきちゃんがいなければたどり着いていない
ディープ大阪にも足を踏み入れました。
「若鶏」という串カツは焼き鳥状のものに衣が
ついているのかと思ったら、カレー味の骨つきの
鶏肉でした。熱々、ほろほろ、スパイシー!

2022年11月13日

THE HEROES

神戸で行きたかったのが、兵庫県立美術館です。
設計したのは建築家・安藤忠雄さん。

その安藤さんが、
サムエル・ウルマンの詩「青春」をモチーフに
デザインした「青りんご」のオブジェも展示されています。

第二展示棟としての"Ando Gallery"には
安藤氏の代表建築と、兵庫県における安藤建築も紹介されています。
併せて阪神淡路大震災からの復興のために行った活動やプロジェクトの
記録も展示されていました。

今回神戸で初めてお会いして
お話した方が3人いるのですが、
阪神淡路大震災以前と以後を
まるでBC・ADのように話していて、
それは東日本大震災後に暮らす
わたしたちと一緒だなぁと思いました。

自然に「あれは震災より前だけれど」とか
「震災後2年くらいだったかな」という言葉が
自然に口をついてでてきます。

東日本大震災後の混乱の中で、神戸からのボランティアグループが
全国から入ったボランティアの方々を整理して配分する作業を
している、というニュースの心強さといったらなかったし、
個人的に神戸出身の先輩の言葉は
私にとってとても大きな支えでした。

IMG_9803 (1).jpg

館内で行われていたのが
アメリカ・ボストン美術館所蔵の刀剣と浮世絵を中心に
展示した企画展、その名も「THE HEROES」。

IMGP8214.jpg

ボストン美術館は世界最高水準の日本美術コレクションを
誇るのだそうです。
浮世絵というと、風景画や美人画のイメージがあったのですが、
武者絵ってこんなにもあるんですねぇ。
発色がよく綺麗なのも驚きです。
勇ましく書き込まれた武者絵の数々は
迫力があり、鎌倉時代の武将が描かれたゾーンは
大河ドラマのシーンと重ねて見ていました。

刀の鐔(つば)の部分はハイブランドのバックルにありそうなほど
モダンなものも。すごい技術だと思いました。

IMGP8219.jpg

場所を変えてもう1箇所。
写真家・ハービー山口さんの展示が
この日まで行われていました。

IMGP8247.jpg

こちらには、ロックンロールヒーローの写真と
ハービーさんが引き寄せた奇跡みたいな出会いの
数々が。一枚一枚が映画みたいなストーリーばかり。

旅をしないと。人に会わないと。
写真からそう言われているような気分になりました。


【 MY HEROINE 】
出会ってからずっと目標であり、尊敬している先輩。
IMGP8200 (1).jpg

なんと美しい...

のに、これ以外の写真が
なぜかすべておもしろショットになってしまう
そんなところも大好きです!

2022年11月14日

神戸

パン屋さんめぐりも楽しそうな神戸の街で、
ブランチはクロワッサンのお店。
IMGP8258.jpg
店内一枚撮ってもいいですか?とお願いしてしまうくらい
かわいらしい色合いでした。
IMGP8257.jpg

IMGP8253.jpg

IMGP8346.jpg

IMGP8336.jpg

IMG_9895 (1).jpg

IMGP8276 (1).jpg

IMG_9906 (1).jpg

2022年11月17日

コレクション・窓

IMG_9879 (1).jpg

IMG_9877 (1).jpg

2022年11月20日

勾当台野音ライブ

8月の仙台七夕の時期に行われる予定だった
サニーデイ・サービスの勾当台野音ライブ。
仙台フィルカルテットを迎えての
スペシャルライブは、秋の終わりへとリスケジュールされて
赤や黄色の木の葉舞う中で行われました。

IMG_0015 (1).jpg

最初に、カルテットだけでの演奏があり、
サニーデイ が90年代BGとして使っていたという
エピソードも披露してピアソラも。
続いて登場したサニーデイ は
フィジカルリリースされたばかりのアルバム
「 DOKI DOKI」からもたっぷりと演奏してくれました。

ドラマー・大工原幹雄さんが加入してからのサニーデイは
初めてみましたが、加入のタイミングで曽我部さんが
「バンドをはじめたばかりの気分」といっていたのを
印象的に覚えていて、だからこそ、晴茂さんと3人でスタート
した頃のサニーデイ にも思いを馳せました。
新たにバンドの歴史が積み上げられていくんですね。
「SAKURA super love」では
秋の勾当台公園に染み込ませるように
次々と色が重なっていくようでした。

IMG_0020 (1).jpg
満を持してのコラボは
「あじさい」のイントロが聞こえてきたら、
どうしても鼻の奥がツーンとしてしまうし、
「魔法」にゆれてゆれて
そして「サマーソルジャー」で
幻となった8月の景色もうかびあがらせて。
ダブルアンコールにつつまれて終了した
このとくべつなシリーズ
...控えめに言っても、最高です。

ちなみに、勾当台公園の野外音楽堂は28年に改修されて
生まれ変わるそう。公園整備の総合的な案の中に
組み込まれていくのでしょうが、
ぜひともこの雰囲気を
引き継いでいってほしいと思う市民です。

2022年11月23日

二三味珈琲

IMG_0022 (1).jpg

金沢・能登へ大事なものを受け取りにでかけた
幼なじみが、お土産にと
懐かしい味を届けてくれました。

石川県は珠洲の先端にある
二三味珈琲さんの
「さいはてブレンド」と「舟小屋ブレンド」。

店主の二三味さんがおじいちゃんの舟小屋で
焙煎をしていたそのお店にはじめて伺ったのはたしか、
ふらりドライブのすてきな偶然だったと記憶しています。

その後、映画のモデルにもなった二三味さんのものがたり。

久しぶりにいただいたけれど、やっぱり
とびきり美味しい。勤労感謝の日のお楽しみに。

2022年11月25日

IMG_0073 (1).jpg

IMG_0084 (1).jpg


IMG_0095 (1).jpg

IMG_0101 (1).jpg

2022年11月26日

FRONTIER

最新アルバム「TODAY」を携えて、
真心ブラザーズの全国ツアー「FRONTIER」
仙台公演が今夜darwinで行われました。

チケットSOLD OUTの中、現れたのは
キングと桜井さんに加えて、
Baにフラカン・グレートマエカワさん
Drにウルフルズ・サンコンJr. さんが加わったツアーバンド
"CRAZY BUFFALOES"!

IMG_0171 (1).jpg

"(Ba&Drに)乗せられちゃうよねぇ〜"と
嬉しそうに話すキングのMC通り、幕開けから
グルーヴの渦へ!ステージ上もとにかく楽しそうであり、
これぞ、ライブと何度思ったことでしょ...
気がつけば踊っていて
踊っていたら終わってしまった...それくらいの時間感覚です。

ニューアルバムの1曲目
「一触即発」はライブできいて
好きが何倍かに膨らみました。
そんなニューアルバムの曲を中心に、
ライブ定番のかかせないあの曲も。
真心ブラザーズのワンマンライブは
久しぶりにみたけれど、
お客さんの反応から
きっと久々なんだな、のナンバーも。

強靭なツアーバンドで届けられた
愛と自由のロックンロール!
そうかと思ったらガラッと空気をかえて
引き込まれたり。アルバムのアレンジとも
違って、新鮮。
高らかなうたにも、こころふかふかであります。

2022年11月29日

ギフトの話

こんなことってあるのね、という出来事。

宮城のお店ではないのですが、
旅先で買った
「カントリーケーキ」を開けたら、
白と緑の盛大なカビが生えていました。

12月中旬までの賞味期限のはずなのになぜ!と
食べるのを楽しみにしていたおばあちゃんと一緒に
しばし呆然。いや待って、これどう見ても
「チーズケーキ」じゃない??
匂いをかいで、カビから一番遠ーいところを
ちょっと食べてみようとして母に止められる私。
「大丈夫、2ミリだけ!...やっぱりチーズだよこれ!』

買ったケーキやさんに電話してみると、どうやら、
入れ物の容器(これがまたかわいい容器)が
「チーズケーキ(要冷蔵)」と
「カントリーケーキ(常温)」共に同じであり、
間違って入れてしまったようだとのこと。

こんなことってあるのねぇ〜
親友へのお土産でチョコと
買ってからどっちを送ろうか迷っていたこともあり、
実家用で本当によかったわぁ...

電話口で店長さんが平謝りだったので、
担当したひとがあまり怒られないといいなぁと思いました。
もちろん、あっては困ることだけれど、
これまで生きてきて一度もそういう経験がないのも
日本の品質管理の確かさかと思いました。

英語力の問題はあるにせよ、
海外にいけば1旅1回くらい、
お買い物のびっくりトラブルはある気がします。

気ぜわしくなる季節、
いろいろ確認して落ち着いて過ごしていきたいものです。

ところ変わって、
先日、藤崎さんの冬のギフトセンターへ。
藤崎オンラインも便利に使っているのですが、
この「ギフトセンター」が私大好きです笑

アイテムによっては、メッセージカードを
同梱することもできるし
混み合っていて待つ時間も、お世話になった人の
顔を思い浮かべたりできます。

そして店員さんのキビキビした動きや丁寧な
言葉遣いで対応してもらうと、その贈り物が
丁寧に届くような気がして、
選ぶ贈り物自体はささやかでも
思いがのっかる気がするんですよねぇ。
家族分のも積極的にとりまとめて
ギフトセンターへ通いたいわたしです。

About 2022年11月

2022年11月にブログ「HAPPY GO LUCKY!!-久子のつれづれ日記-」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2022年10月です。

次のアーカイブは2022年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.38