« 光の春 | メイン

春、3月

さらさらとした気持ちのいい雨で2月が過ぎて、
春、3月を迎えました。

今年は暖冬で助かったね、
スタッドレスいらなかったくらいだね、
そんな会話が聞こえてきます。

この冬ずっとそばにあった一冊は
幼なじみがおすすめしてくれたもの。
高木正勝さんの「こといづ」というエッセイです。

こといづ。 (1)-1.jpg

かつてZepp仙台があった頃、
高木さんによる映像とピアノのライブを見たことがあります。
音楽家であり、映像作家である高木さんは
「おおかみこどもの雨と雪」や
「未来のミライ」などの映画音楽も手掛けられました。

エッセイでは、
街でくらしていた高木さんが山間の村で暮らし始め、
その目に映る、耳に届く景色の豊かさを
高木さんの感性と、自在な表現が伝えてくれます。

たとえば、擬態語のバリエーションもそう。

春の「わいわいした」畑。
「ぽんぽんぽんと」打ち上げ花火のようにふくらむ、こぶしの花。
生い茂った草を「ぎゃいぎゃいと」手鎌で刈る。
口数が少ないけれど情の深い隣人の「ひょこひょこした」後ろ姿。

目に映る景色が、自動的に音符に変換されるんじゃないかなぁ...
特に両手で弾いても追いつかないほどの春の息吹の表現には
はっとさせられます。

肩の力を抜いているんだけど、そこにあるものを
ちゃんと感じ取りながら暮らすって豊かですね。

わたしも、春に向かって、むくむくっと目を覚ます命や、
ぎゅっと力をためている花々のつぼみをよ〜く感じながら、
春を迎えられたらいいなと思います。

【ミモザ】
春をつれてくる、ハッピーイエロー。
2019年のミモザ。 (1).jpg

About

2019年3月 1日 16:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「光の春」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.38